◁ GELLGEDOSS vs DARUMARUDA ▷ ◀ 続・シネマ怪獣ゲルゲドス 対 変態超人ダルマルダ ☆ 情け無用の改修中 ❂ ▶

✪ TOP頁の4枚の画像の内、まずはどれでもお好きな1枚をクリックして下さい。ズームエフェクト後に記事が表示され、サイトへの入場完了です。右サイド部分には目次(⤋このあたり⤋)が御座います。✪

195 20190831 そうそう9・15 千葉ヤバいなと思っていたが 心配はしていなかった 本当にヤバければどうにか僕に知らせがある とにかく回線復活して良かった 自分はトレーニングざんまい の日々です 手紙は憶えている /retour_a_la_page_d-accueil/20190831
そうそう9・15
千葉ヤバいなと思っていたが
心配はしていなかった
本当にヤバければどうにか僕に知らせがある
とにかく回線復活して良かった
自分はトレーニングざんまい
の日々です
手紙は憶えている
さっきようやく観ました
映画の本質
久しぶりに体感しました
全ての方向に感情が持ってかれて
とてもリッチな体験でした

思考ダダ漏れ9・5
ネット絵描き政治か猫に行きがち
最近の世界はヤバいなーと思いつつ
浮世離れしている僕が世界について何かいう事自体
異常事態
ボーダーランズ3楽しみ
このまま
子育てと筋トレとゲームをして
気付いたら世界は破壊され尽くすかもしれない
でもこれは多分作用反作用の一端
多分世界はバランスを取るために
すごく今バランス悪く見える
セカイのためにと自分のために
セカイを壊す人
自分のためにとセカイのために
セカイを創る人
前回のシュワちゃんの話
誰にも知って欲しくない
というケチ根性(錬金術師のサガ)
何がすごいのか
説明しない
着いてこないで欲しい発信者
まー見ていた所で理解出来ない可能性があるから
少し掘り下げる
ジムでトレーニングしている時常時イッちゃってるんだ
的な事をシュワちゃん言ってるんだけど
これが本当に事実なんだ
筋肉を肥大化強化させるためには
どうしたらそうなるのか
食事睡眠もちろん重要だが
一番重要なのは
筋肉を動かす事だ
筋肉を動かすとは何か?
それは当たり前だけど神経で動いてるの
つまり筋肉を鍛えるとは
神経を鍛えることなんだ
神経を極めたら
そりゃイッちゃう訳よ
動かさなきゃ動かない
これは本当は皆実はブラックジャックなんだ
アリの足なんだ
だから僕は生まれなおす
生まれ変わる
ダルマルダ
なんだ

近況報告8・31
筋トレと育児の日々
徹底的に背中虐めてる
久々自作Tシャツ作ろうと思ってる
来年一応紙の同人誌作る予定?
MTGパウパー若干極め気味トロンが強すぎる
サプリ三昧
シュワちゃんの言葉は本当に
的を得過ぎてる
あんな昔で今よりも筋肉を鍛えるとは何かを
言い当てて本当にやばい
アメリカそのものを変えてしまったのだから
凄すぎる
如何にそこに至れるか
それが
ダルマルダの未来
チーズですらパンプした今
皆パンプアップした方が良い
つまりパンピングアイアン
つづきはこちら /PS/195/ シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 0 /Date/20190831/ 2019 08 Aug August 31 14 30 07 Sat Saturday 0 0 /Form/195/
194 ブレード・ランナー ファイナルカット ☸ 11/2(土)まで、Gyao!では初放映 ⚔ 前編 ♕ 8/27更新 ♛ 2019/8/27 ♕ 実は1980年代後半の日本では“映画好き”を標榜する人間であっても『ブレードランナー』には難色を示していたのだった  ということでですね、も /retour_a_la_page_d-accueil/bladerunner_finalcut_gyao


♛ 2019/8/27 ♕ 実は1980年代後半の日本では“映画好き”を標榜する人間であっても『ブレードランナー』には難色を示していたのだった

 ということでですね、もう石をぶっつけられる覚悟で書かせて頂くと表記の通りなのである。実際のリアルな空気を経験したからこそ、なのだ。

 この映画についてはwikiでの項目量の多さを鑑みても判るように、評論家をはじめ一般マニアに至るまで、とにかく世界中で語られまくっているし、当の製作陣だって負けじとあっちこっちで著作活動を繰り広げているくらい、それはもう時代のカウンターカルチャーと言って差し支えない世界遺産級の作品なのである。

 なので、私のような者がここでどうたらああたらと書いたとて、結局は誰それと同じ見解であり、どれそれの模倣評かなと、どこかで見聞きしたような展開になっちゃうのは必定だろう。
 ま、そこで、今回は自分なりきを意識しつつ、私小説的な思い出なんかを綴ってみたい。

 多分、こんなサイトへ検索してたどり着いた諸賢は、おそらく『ブレードランナー』に対し幾許かの含蓄をお持ちの筈で、その上で同じ文化を吸収して来た者同士、何らかの“共感”を得たいに相違あるまい。さすれば、むしろこうしたパーソナルに起因した“映画話”こそ面白いのかな〜なんて思います。


 さて、そんなワケで思い返せば、私が未だ若く美しかった17歳の時だったかな。当時御付き合いしていたのは1つ年上の彼女で18歳の女子大生だった。名前を仮に奈々子嬢としておく。

 彼女とは後々大けんかをして別れてしまうのだが、今にして慮ってもみれば、その遠因ともなる亀裂は、実はこの『ブレードランナー』に関する互いの評価の食い違いから入りはじめていたのであろう。

 「あたし、ハリソン・フォードのファンだけど、このブレランだけは一体何を言いたいのか?全然判んなくって嫌い!ハリソンだったら『刑事ジョンブック 目撃者』の方が数十倍も好きだわ」と、こう来た。

 ふむふむ、なるほど。小学生からずっと『ブレードランナー』を追いかけ続け、その当時で既に鑑賞回数は50回をゆうに突破していた筈で、かようにしたド変態な私とはそりゃあ土壌が違う。故に、この場合、極めて健全な十代の女子大生としての意見が出て然るべきかもわからん。

 当然の如く、自身の価値観をブった斬られた憤りのあまり、子供である事も手伝って大いに反論をしたものだったが、残念ながら、件の奈々子嬢を折伏させるにまでは至らなかった。そらそうやね。子供同士ってのは一旦ムキになるとホンマに意固地になるものだから。

 しかるにだね、そもそも論で恐縮だが、確かに『ブレードランナー』は1982年の公開当時から、且つ,1986年の“月曜ロードショー”日本語吹替版放映を経ても尚、一般観客には「とにかく難解な映画」ってのが主流論調だったんだな。
 要は、一部のマニアだけに愛された本物のカルト作品、ゴダールやタルコフスキーみたいな感覚で許容されていたのである。

 十代の映画好きカップルも、ひとたび話題が出ればたちまち争いの火種になっちまう、良くも悪くも影響力があり、ひときわ異彩を放っていたのだ。


 続きは又、明日以降にお話させて頂くとしよう。




⚕ 2019/8/27 ⚒ もはや聖典と断じて良い作品であるが、ファイナルカットにおける私的評価は低い

 賛否あるのは承知の上だ。しかし、それでも敢えて私は私のサイトだからこそ私の意見を述べさせて頂く。ココは私と杏仁ブルマの家なのだから、気に入らなければもう来るなよ、ってなモンである。

 まあ、それにつけても舞台設定と同じ2019年に、まさかコイツが無料で放映されるようになるとはねえ・・・隔世の感、まさしく極まれりと言った所か。

 1982年の劇場公開以来、当時小学生だった私は、以降、取り憑かれたようにこの映画を求め、今に至るまで何度鑑賞したのか数えきれないくらい観まくったものだった。

 映像、ストーリー、音楽、そのすべてが美しく、時に恐ろしくさえある。あたかも幻想の如き耽美な未来世界へと導かれるには、小学生の私の未成熟さをしても十分だったのである。
 心の底から、そう、それは10000本以上もの映画鑑賞歴を経た現在でも尚、不滅の、普遍的な名画と断じて憚らない。ついこの間も『シェルブールの雨傘』の川でも触れたばかりで、“我が生涯の映画作品ベスト10”の堂々3位という次第なのだ。

 とまあ、今日は情報提供がてらの更新なのでココまでにしておく。また明日会おう!



つづきはこちら /PS/194/ シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 0 /Date/20190827/ 2019 08 Aug August 27 02 51 50 Tue Tuesday 0 0 /Form/194/
193 ❖ Gyao! & 午後ロー & What's NEW? ✿ 2019年8月下旬 ❀ 8/31 更新 ✿ 2019/8/31 ❀ Gyao!スライダーにブルース・リー『怒りの鉄拳』の続編で、ジャッキー・チェン主演の『レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳』追加  8月の最後のGyao!無料映画紹介 /retour_a_la_page_d-accueil/2019_08_gyao_gogoro_whatsnew_2


✿ 2019/8/31 ❀ Gyao!スライダーにブルース・リー『怒りの鉄拳』の続編で、ジャッキー・チェン主演の『レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳』追加
 8月の最後のGyao!無料映画紹介は、初期ジャッキー・チェンの日本未公開作品である。

 ブルース・リー主演の前作『怒りの鉄拳』の正統な続編で、ノラ・ミャオ(ホンマに香港美人のお手本のようなお方)、写真だけだがリーもちゃんと登場する。また“リーの遺志を継ぐ者”としてジャッキー・チェンってのがあたかも現実世界と重なっていて非常に興味深い。

 ここまで素材が揃っているのに未公開だったのは、おそらく前作よりも反日度合いがパワーアップしているからなのだろう。けれどもさー・・・もうね、ファンタジーの世界なんだよね、日本側のメチャクチャな描き方も含めて。ハリウッド戦争アクション映画においての「ドイツ軍」みたいな役割と言い換えれば判り易いかな。

 イデオロギーだの政治問題などを気にしていたら娯楽映画は楽しめんぜ?もっとこう、気持ちおおらかにいきましょうよ、ネット住民の皆さん。



✿ 2019/8/28 ❀ Gyao!スライダーにハワード・ヒューズ伝『アビエイター』、手塚プロの長編アニメ『ボーダープラネット』2本追加
 TVオンエア5分前にギリギリでフィルムが完成したと言う、まさしくブラックを極めた手塚プロ伝説の一翼を担う、SFオムニバスアニメ。
 そりゃあ安彦良和さんも非難するわな。

 こんな場合、大概はデキが悪くなってしまうものなのだが、さにあらず。わずか70分強の小品ながら、アーサー・C・クラークやレイ・ブラッドベリのSF短編に匹敵する傑作に仕上がっている。さすがは手塚プロ、仕事キッチリで観客の期待を裏切らない。
 特筆すべきは本作、かの京アニも制作に関わっている点だろう。1986年、今から30年以上も前の話である。本当に長い長い歴史の中でアニメ文化を醸造していった、他に得難いプロフェッショナル集団だったのだと、今般、改めて思う次第だ。


 『ギャング・オブ・ニューヨーク』でスコセッシを見限ろうかと、ワシは心底憤ったものだったが、この『アビエイター』で辛くも思い直した次第である。

 相変わらず冗長ではあるのだが、1930~40年代の映画作品マニアの私にとっては、なかなかに当時の雰囲気を味わえる作品となっており、素直に嬉しさを覚えたのだった。
 劇中、エロール・フリン、エヴァ・ガードナーなど実名でキャスティングされているが、ドイツもコイツも似ても似つかないのは、まあしょうがない。そもそもディカプリオのハワード・ヒューズだって大問題なくらい似てないわけだから。

 しかしケイト・ブランシェットのキャサリン・ヘップバーンだけは別格である。元来、キャサリン・ヘップバーンとは骨張ったオバちゃんで、女性としての色気も魅力もゼロなお方。それをブランシェットは見事に再現しているのだ。彼女も又、非常に男性受けのしない女優であるからして、本作でのキャスティングの妙を禁じ得ない。

 10点評価で6.5くらいの映画かな、でも大作ってのは昔っからそんなモンでしょう?



✿ 2019/8/26 ❀ Gyao!スライダーにわれらが悪党面ステイサム映画『ブリッツ』『バンクジョブ』2本追加
 どうやらGyao!では今月はジェイソン・ステイサムがアツいらしい。もはや固定ファン以外はお断りな様相を呈してしまっているが、ステイサムのキャラがキャラだけにやむを得ないだろう。

 『ブリッツ』はとんでもないクソ野郎なバイオレンス刑事が、善悪をまったく顧みず(コレ、重要)やたらめったら鉄棒でバッコバッコ叩きのめすという、まさに悪党面にピッタリのハードボイルド作品だ。なんかね『ドライヴ』みたいな洗練さがなくて、品がなくって、とにかくスゲェ。あ、褒めてんだよ、コレ。

 『バンクジョブ』は、この間6月に放映したばかりなのだが、やはり8月は特集を組んだのだからという事なのだろう。ただし、前回のような日本語吹替版ではないのでそこはチョい残念。悪党面ステイサム映画の中では私的TOP5に入る痛快犯罪映画なので、決して観て損はさせん。
 それにつけても“世界一ハゲ頭の似合う俳優”は昔ならばユル・ブリンナー一択だったが、ようやく21世紀に入り、かくも見事な後継者が出で来た感はあるよな。



✿ 2019/8/23 ❀ 午後ロースライダー、9月分更新


 9月は、総評すれば「まあまあ」かな。

 ダメ過ぎる邦題とキャストの超絶なムダ遣いを楽しめる『エグゼクティブ・デシジョン』(特にセガールに注目!)、そしていよいよ午後ロー“ヘビロテ”の一方の雄を担いつつある『エアフォース・ワン』(今年に入って2回目だぞ、これ)など、いかにもなラインナップに安堵感すら覚えた諸氏も少なくない筈だ。

 個人的にはエド・ハリス自らが制作を買って出た西部劇『アパルーサの決闘』が一番のオススメかな。昔ながらの古風なウエスタン、なんかホっとするね、こういうのって。名画、とまでは言えないかもだが午後のひとときにはぴったりな佳作。



✿ 2019/8/23 ❀ Gyao!スライダーにブルース・リー『ドラゴンへの道』追加
 この映画を観ていない・・・10年くらい前までならばそんな人はまず存在し得なかったが、さすがに令和ともなればいそうではある。コレと『燃えよドラゴン』くらいは、よもや未見だと恥ずかしいレベルの話だと思うぞ。曲がりなりにも映画ファンを自認しているのならば、ね。

 ということで、コロッセウム(実はセット)を舞台に繰り広げられる、チャック・ノリスとのラストバトルは、もう20世紀の伝説なんでございます。あの地獄のヒーロー、ブラドック大佐が殺られるだなんて、この『ドラゴンへの道』以外では絶対にお目にかかれんだろう。その意味でも世界遺産な作品なんだな。



✿ 2019/8/23 ❀ Gyao!スライダーにトム・ザビーニ様の『マニアック』、裏巨匠のコマンドー、マーク・L・レスター監督の『処刑教室』、追加
 『ゾンビ』でおなじみの特殊メイクのマエストロ、トム・ザビーニ様の監督ときて、あのセクシー・ダイナマイツ、キャロライン・マンロー嬢が出演しているという、もはやそれだけで名作決定なのである。

 内容については否定的な意見が多いかもだが、それでこそのB級スラッシャーホラーなのだ。もともとロメロ監督と一緒にずっと映画に携わって来たザビーニ様のこと、甘っちょろいヤツはハナからおよびじゃない筈。敷居の高さがタマランのう。

 転じて『処刑教室』は、あの『コマンドー』や『炎の少女チャーリー』のB級映画の巨匠(裏巨匠)、マーク・L・レスター監督による、まさしく“ブチギレ”ドーパミンでまくりなカタルシス作品だ。

 かのマイケル・J・フォックスが、心底から冴えないワケの判らん役で出演していたのは有名な話。しかし、それから僅か5年も経たずに、あのデロリアンを操縦するようになるとは、当時の誰もが想像だにしなかったことであろう。
 人生とは最後のゲタを履くまではワカランものだという、その意味でも本作をして観客に与えた影響は計り知れない。



✿ 2019/8/23 ❀ Gyao!スライダーに私的最低映画ランキングベスト10圏内、スコセッシの『ギャング・オブ・ニューヨーク』追加
 とにかくダメだ。どこをどうひいき目に鑑みても最悪だ。脚本は焦点が散漫、ディカプリオは大根、おまけに上映時間も冗長の極みで手に負えない。キャメロン・ディアスは相変わらずアヒル口のブスだしな。

 歴史劇の中に復讐物語を挿入する、というのは『ベン・ハー』などでもおなじみの古くからあるオーソドックスな展開ではあるから、少なくとも「手堅い」感くらいは得られるのかな?とも思いきや、それすらないときたもんだ。

 私がこうまで酷評する映画とはどういう作品なのか?試しにチャレンジしてみるかい?で、もし、もしもだ、その上で「いや、トニー・アルゼンタのノータリンよ、絶対にお前は間違っている」との見解を持たれたならば悪い事は言わない、今すぐこのサイトのウィンドウを閉じて他へ行くかしてもらいたい。

 私とは感性そのものが合わないのだから、合わない人間の映画の話など付き合うだけ時間のムダに相違なかろう。



✿ 2019/8/23 ❀ Gyao!スライダーにヴィスコンティの『白夜』、デ・シーカの『ウンベルトD』巨匠の名作を追加
 『白夜』、実はロシア語を学んだ人間が、一番始めに原文読破に挑戦する小説でもありますな。で、ページが薄い割には挫折も早いというね。そんなワケで、文豪ドストエフスキーとヴィスコンティ、この究極の藝術融合は一度くらいは触れておかねばならんだろう。

 小説で読むのはツラい、だが名作文学の素養は身につけたい、などというソコの見栄っ張りなメンズにはピッタシな一作だ。

 『ウンベルトD』、ヴィットリオ・デ・シーカが私財を投げうち、借金を背負ってまで「オレが本当に撮りたい映画」というのを追求し完成せしめた不滅の名画。
 戦後の貧しいイタリアを舞台に、年金の支給を打ち切られ、アパートを追い出され、病気を抱えた孤独な老人と一匹の犬の、あてどもない人生を限りなくリアルに、残酷に描いているのである。これ、マジで観ておかないと後悔するぞ。

 特筆すべきは相棒のワンコ。いつも、そしてきっと、いつまでも一緒なのだろう、本当に愛おしい。今の時代だからこそ、ひときわ侘しさが胸にしみいる作品だ。



✿ 2019/8/22 ❀ Gyao!スライダーに手塚治虫長編アニメ『プライムローズ』&『バギ』&『鉄腕アトム:ブラックジャックの大作戦』追加
 『プライムローズ』は、実はこのアニメ版こそが、手塚治虫本来のやりたかった事であり描きたかった事なのだ。少年チャンピオンのコミック版はいささか読者に忖度し過ぎで、そのため話もまとまりがなくなってしまったのだった。後年、手塚治虫自身「納得のゆくものではなかった」と忸怩たる胸の内を明かしている。

 そこでこのアニメ版ですよ。ええ。

 そもそもですよ?岡本茉莉さんの声であられもない姿の戦闘服を着たツインテールの女の子がですよ?おっぱいまで見せてしまうアニメがさ、

 名作じゃないワケねぇだろッ!

 ま、それはそれとして、御本人が「漫画版を作り直そう」と意気込んでの制作だっただけに、出来の良さは確かなものなんで御座います。当時のロリ系ブームや厨二病少年ブームにまったく媚びていない、むしろ真逆、まことに手塚アニメらしい、この姿勢が嬉しいのだよ。

 『バギ』は島津冴子さんの声も懐かしい、超ド変態ケモナーどもの潜在欲求を開眼させてしまったという、実に業深くオタク野郎の闇淵をかいま見る作品だ。24時間TV黎明期の手塚アニメスペシャルは、当たり、ハズレ、の振れ幅が大きいが、しかしてコレは名作。

 『鉄腕アトム:ブラックジャックの大作戦』は、1980年のリメイク版アトムの中の第27話。『マリンエクスプレス』でのスターシステムを、今度は贅沢に30分アニメに取り入れたという野心作なのだ。
 たった30分なのに内容の濃さは1本の映画並みで、流石は手塚治虫本人が脚本執筆しただけあります。『リボンの騎士』のサファイア、ブラックジャックにロック、それにピノコとウランの2ショットなんてこの作品以外みれないと思うぞ。しかも声優さんは殆どがFIX、もちろん天才外科医ブラックジャック先生の声は野沢那智!

 手塚アニメの神髄にぜひとも触れて頂きたい、そんな8月末日の蒸し暑い夜なのである。



✿ 2019/8/22 ❀ 今月は少し多いですので2つに分けました
 本当の所、7月半ばから行っていた「今後の企画のため実地調査」が思いのほか延びたんじゃな。ゆえに、更新が遅れに遅れてしまったと言うのもある。『暗闇仕留人』は前後編に、『ゾロ』にいたっては延期の有様を呈してしまっているではないか!挙げ句に『ゾンビ』なんか一行も書けちょらんぞ。

 ただ、だからといってムリにどうこうするものでもないが(そんな事をしても続かなければイミがない)、まあこのような月もあると言う事で何卒御容赦願いたい。

 gyao!や午後ローに関しては一気に更新材料があるので、それらは又明日な。



つづきはこちら /PS/193/ シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 0 /Date/20190822/ 2019 08 Aug August 22 02 03 45 Thu Thursday 0 0 /Form/193/
192 ❖ Gyao! & 午後ロー & What's NEW? ✿ 2019年8月上旬 ❀ 8/17 更新 ✿ 2019/8/17 ❀ Gyao!スライダーに悪党面(以下略)のアレ第三弾『トランスポーター3』、近年の映画では私的にはナンバーワンの傑作『手紙は憶えている』追加  もはやこうまで続けば /retour_a_la_page_d-accueil/2019_08_gyao_gogoro_whatsnew


✿ 2019/8/17 ❀ Gyao!スライダーに悪党面(以下略)のアレ第三弾『トランスポーター3』、近年の映画では私的にはナンバーワンの傑作『手紙は憶えている』追加
 もはやこうまで続けば説明ナシでいいだろう。何かあるか?“世界で一番ハゲの似合う悪党面”ジェイソン・ステイサムのこれよ。

 しかし改めてオレは気がついたんだが、プロデューサーのリュック・ベッソンな、彼さあ・・・なんか言葉は悪いけど「ブスが好き」だよね?ロザンナ・アークエットを除けば、クセのある女優さんを好む傾向があるわな。面白いねえ、性癖って。


 決してオーバーではない。悪い事は言わないから、未見ならば一度は(まあ物語の性質上、一回みれば十分なのだが)ご覧になって頂きたい。2010年代の映画作品、名作は多々あれども、コレを超える作品には結局お目にかからなかったな。

 ネタバレしてしまうとどうにもならないので物語にはまったく触れられないのだが、とにかく結末に至るまでの伏線、そして回収が実に素晴らしいのである。主演をつとめる名優クリストファー・プラマーといい、また脇役のブルーノ・ガンツやユルゲン・プロホノフ、そして裏主役マーティン・ランドー(本当に鬼気迫る恐ろしさよ)も、いやはやなんと重厚な布陣だろう!

 アルツハイマーに冒されつつ、それでも自分の家族を殺したナチス戦犯を追う!しかし・・・戦争の記憶と傷跡はこの時代になっても未だ消えていないのだね。ひとつだけヒントを書いておこう。メンデルスゾーンとワーグナー、なんで主人公はこの2人の作曲家の曲を弾けるの?



✿ 2019/8/15 ❀ Gyao!スライダーに傑作ジリジリ系エロサス『ヒッチハイク』追加
 『o嬢の物語』のコリンヌ・クレリーによる、あられもないエロ全開なヌードも期待通りで嬉しい『ヒッチハイク』の登場です。

 ま、本当のところは主人公のフランコ・ネロさんに注目して欲しいんだけどもね。「コイツ、最後の最後でなんかあるんじゃねえの?」って、まあ、引っ張る引っ張る・・・さんざん引っ張りまくるんですが、大丈夫、あなたが思った以上の超ブラックなアンハッピー(いや、実は主人公にとってこれ以上のハッピーは有り得ない)エンドに、ある種の清々しさすら覚える筈。

 マカロニ制作のクライムムービーいいますのは、まあおよそ一筋縄ではゆかないなと。映画マニアを自称する諸賢ならば是非にも観ておくべき作品です。「誰が一番のゲス人間なのか?」面白いですよー、じっくりご覧下さいね。



✿ 2019/8/12 ❀ Gyao!スライダーにリー・ヴァン・クリーフのマカロニ『怒りのガンマン 銀山の大虐殺』追加
 ルイス・バカロフのスコアがメチャメチャしぶい、クリーフのマカロニウエスタンでございます。

 物語の展開からいって、ってか、ワケあり顔でリー・ヴァン・クリーフが登場した時点で「殺ったのはおまえしかおらんやろ」と、ネタバレ全開なのですが気にするな。マカロニウエスタンは細かい事をツッコまないのが暗黙のルールなのである。
 クリーフのファンならば間違いなく抑えておくべきだろう。かのタランティーノもコレを大リスペクトしていたんだぜ?キショイ変態監督のタラが観てるんなら、そこのキミだって鑑賞必須だろ常考(なんやねん、その理屈)



✿ 2019/8/12 ❀ Gyao!スライダーにジャッキー・チェン初期の傑作『クレイジーモンキー 笑拳』追加
 まず「自身の喜怒哀楽をコントロールし敵の虚を突く殺人拳」という発想からして面白い。『ドランクモンキー 酔拳』と並び賞される初期ジャッキー・チェン映画の傑作の登場だ。

 一見するとバカバカしいかも判らんが、いや、まてよ・・・案外この拳法って実はかなり強いんじゃないのか?と勘違いさせるだけの説得力があるんだな。カンフー映画の醍醐味って、非現実性を如何に観客に対し「さもありそう」と錯覚させるか?が全て。とくれば『笑拳』、コイツぁまさしくかのジャンルの雄と断じてよろしい。

 日本語吹替でないのは残念だが、むしろ字幕鑑賞のジャッキー・チェンなんてこんな機会でもなければ一生観ないでしょう。まー話の種に一回くらいはいかがですかな?



✿ 2019/8/8 ❀ Gyao!スライダーにブルース・リー『怒りの鉄拳』、クラウディ・カルディナーレ『ブーベの恋人』、黒澤明脚本の珍しい日活戦争映画『消えた中隊』、リー・ヴァン・クリーフとも“続・荒野の用心棒”ともフランコ・ネロともまったくかんけーねーマカロニ『復讐のガンマン〜ジャンゴ』、悪党面ステイサムのアレ第2弾『トランスポーター2』、24時間TV手塚長編アニメ『100万年地球の旅 バンダーブック』&『海底超特急マリンエクスプレス』追加
 カルロ・ルスティケッリのあまりに有名なサントラ、そして何と言ってもクラウディア・カルディナーレの美しさ!以上の2点に全てがこもっている映画。戦後イタリアの貧しさを描いた、いわゆる“ネオリアリズモ”を恋愛映画に取り入れた作品としては、かの『にがい米』と並ぶのではなかろうか。文句無しの名作でございます。

 この、いかにもなうさんくさい邦題には、流石のマカロニ好きな私であってもドン引きを禁じ得なかった。史上最多マカロニ出演者アンソニー・ステファンさん主演の本当によくあるリベンジもので、大きな期待をしなければ観ても損はしない安定の作品。相変わらず道を極めんとする御仁むけかな。

 かつてTBSの洋画劇場枠『月曜ロードショー』の解説で、荻昌弘さんが「こういう極めて反日感情を煽る映画を作ってたという、そういった歴史の部分が興味深い」と仰ってました。なるほど、と。ただ、この作品の負の部分だけをあげつらってご覧になってしまうと、いささか興ざめですので、ここは素直に、よくある勧善懲悪型のエンタテインメントとして鑑賞するのが宜しいでしょう。

 要はバカ映画なんですよ。だってそうでしょ?ジークンドーVS日本刀のバトルなんて、他の映画ではなかなかお目にかかれますまい。ガチリアルだったら素手で日本刀には絶対勝てませんよ?それをやっちゃうくらいなんだから、政治的な意図がどうのと真剣に観ちゃいけません。


 ロバート・アルドリッチの『攻撃』の雰囲気がお好きでしたら、この映画はオススメ!局地戦での中隊にスポットを当て、そこで繰り広げられる閉塞感たっぷりの人間描写は、さすが「映画はホン(脚本)が命」と謳った黒澤明の脚本、時間を忘れるほど一気に見せてくれます。

 国境付近の前線で、なんとしてでもソ連との開戦にこぎ着けて手柄を立てたい上層部、反して、それはないだろうと孤軍奮闘する下士官、エゴイズムとヒューマニズムのぶつかり合い、しかし往々にして戦争とは不条理がまかり通ってしまうと言う、観賞後にはなんとも苦い味わいを残す作品です。

 愚かな上官の下であたら命を失ってしまう将兵達の理不尽さは、洋の東西、時代を問わずそこかしこに介在していたのかもしれませんな。本当にいい映画ですよ。  


 ジェイソン・ステイサム主演の脳内デトックス映画代表作、第二弾の登場でございます。当然、このテの映画ではお約束の“日本語吹替版”であることはデフォですので安心してご覧になれましょう。クソ暑い夏にはやっぱりコレ系ですわね。

 実は24時間テレビの黎明期、毎朝10:00から手塚治虫の2時間長編アニメを放映するのが恒例だったのだ。合計11回、どれもが劇場公開されてもおかしくないデキのよさで、特に今回ご紹介する『バンダーブック』と『海底超特急マリンエクスプレス』はそれらの中でも極めて評価の高い作品なんであります。これに気を良くした手塚プロは『火の鳥 2772 愛のコスモゾーン』という前衛的劇場アニメ制作へと向かうわけですが、そのお話は又別の機会に。

 私的イチオシは『マリンエクスプレス』の方で、これはもう、ここまでブっとんだストーリーを70年代にやってしまった手塚プロには驚愕を禁じ得ない。なんというかな、『大空港』+『ロジャー・コーマンSF』にヌーヴェルヴァーグを混ぜた、みたいな、いかにも形容し難い展開にはシュルレアリズムの極地すら垣間見えます。

 ちなみにブラック・ジャックが医者として登場し、キチンとメスをふるってオペをしたのはこのアニメが日本初です。声は野沢那智さんで、以降、暫くの間はB.J=ナッチのフィックスでした。大塚明夫さんも素敵ですが、那智さんもさすがに全盛期だけにカッチョエエんだわ。ほぼ主役ですので、ナッチファンの方も見逃せない傑作ですぞ!

 劇中、ブラック・ジャックが映画『戦場にかける橋』のクワイ河の話を語るシーンがあるんですが・・・先生、アンタいったい歳いくつなんや?



✿ 2019/8/5 ❀ Gyao!スライダーに、なんとー!『この世界の片隅に』追加
 初っぱなから反則の告白で恐縮だが、実は私は未だコレを観てない。あそこまで一世を風靡したのだから「観なきゃならんだろーなー」とは常々思っていたが、宿題というものは往々にしてはかどらぬものなのである。

 アニメ&ムービーをリスペクトする理念を持った当サイトの性質上、さすがに今回ばっかりは「自分が最低一回は鑑賞した事があるもの」の縛りは御許し願いたい。
 「最近の映画は・・・」と毛嫌いせず、この機会においらも頑張って鑑賞してみるかな。うむそうしよう、きっと得るものはある筈だ。



✿ 2019/8/1 ❀ Gyao!スライダーに悪党面ステイサムの真骨頂『トランスポーター(日本語吹替版)』追加
 78年ウォルター・ヒルの名画『ザ・ドライバー』を、もっとヌーヴェルヴァーグっぽくバイオレンス色強く仕立てたのが『ドライヴ』、もっとハリウッドっぽくバカエンジン全開で仕上げたのがこの『トランスポーター』であろう。勘違いして欲しくないが決してケナしているわけではないぞ。

 今回はステイサム=山路和弘のFIX日本語吹替版での放映なので、まさしく木曜洋画劇場や午後ロー感覚で楽しむ事ができる筈だ。内容はともかく(だって内容なんかないだろ、コレ)仕事もしたくねえし女もいらねえ、ましてや外なんか絶対出たくねえ、なんつーワシや君みたいな中年超絶ニート野郎どもが、と或る夏、だらだらダラ見するには最強の吹替洋画なのである。



✿ 2019/8/1 ❀ Gyao!スライダーにジョン・カーペンター御大の『要塞警察』、掘り出しロシア映画『ホワイトタイガー』、超珍しい戦争邦画『五人の斥候兵』、これまた激レアな日活戦争アクション『俺は地獄の部隊長』追加
 日々熱中症で死傷者多数のこのファッキン・ジャパンだ。ちっとも“クール”なんかじゃあねえよサノバビーッチ!みんな元気か、おい。生きてるかー?ってなコトで心底クソ暑い8月初頭に、更にむせ返るような暑苦しさを増幅させる映画が4本、Gyao!で無料放映されるのでそこのマゾな君は見逃さないように。

 で、まずは間を置かずにまたまた登場の『要塞警察』。超ど級の低予算にも関わらず、脚本の巧さと演出の見事なスピードで見せる、まさしくマエストロ・カーペンターさんの面目躍如な傑作B級アクションなんでございます。

 『ダークスター』は余りにアレだったしなー、と初期カーペンター作品に懐疑の念を抱いている諸賢も、こればっかりは安心して楽しめるぞ。ワシが保証する。たてこもり、ってのは低予算映画の王道なんだね。
 主人公のアンチヒーローにみせかけたヒーロー“ナポレオン・ウィルソン”が、後々の『ニューヨーク1997』における“スネーク・プリスキン”を彷彿とさせ、コイツがまたぞろいい味を出しとるんよ。
 丁度、今時分のクソ蒸しあちぃ〜深夜には『要塞警察』、ほんまにオススメだぜ。


 この映画を「観た」とか「知っておる」だとかいう人って極めて少ないんじゃあなかろうか。余程のロシア映画マニアか若しくはミリオタさん、くらいだろうね。

 いや、正直おいらもこの『ホワイトタイガー』はGyao!ではじめて鑑賞したんだけども、そもそも全然期待してなかったのよ。ところがそれに反してなかなかの良作で、いやぁ〜、こういうのがあるから映画ってのは本当に侮れないなーって、改めて感服つかまつったんザマス。

 タイトルから察するに単なるよくある戦争映画かな?って思うじゃん?違うんだなー。いわゆる『激突!』や『ザ・カー』の戦車版で、『ホワイトタイガー』ってのはナチスの悪意が作り上げたこの世の存在でない化け物なんですねー。

 真っ白なタイガー戦車・・・たった1台のそれにT-34ロシア戦車隊が全滅してしまう。さあ、どうする?悪魔をどうやって倒す?確かにタイガーの造形は評判悪いかも知れないが、ロシア制作なだけにT34は本物だよ?ミリオタさん、妥協して下さいよー。これはあくまでファンタジーホラー映画なんですから。ラストはまるでアニメのコブラの最終回のような展開に・・・ひっさびさのオススメ発掘作品です。


 小林旭の映画は数多あれど、よりにもよってコレがきよったかー。日活のアクションなので当然リアルな戦争映画ではない。『トブルク戦線』や『荒鷲の要塞』のようなハリウッド戦争アクション映画にアメリカンニューシネマを加えた・・・と書くと安っぽく感じちゃうかも知れないが、さにあらず。なかなかに侮れない秀作なのである。

 小林旭と言えば『渡り鳥シリーズ』しか観ていないというそこの君!『明日に向って撃て!』のような、アンハッピーなのだけれども不思議と爽やかなラストをご覧あれ。アキラの意外なかっこよさに感動すること請け合いだ。

 噂には聞いていた。日本で初めて海外映画祭で賞を貰った作品としてね。けれども残念ながら今まで観る機会はなかった。今回の放映は青天の霹靂、びっくりしたと同時に嬉しかったなあ。

 70分、音声が辛い箇所もあるが、それでも一気に観れたね。ああ、そうか!と。スピルバーグの『プライベート・ライアン』は、絶対にこの映画を参考にしてるなーって思ったわ。アクション部分じゃあなくって、“行方不明者を探す”というヒューマニズム的な展開において。

 あとね、特筆すべきは本物感な。軍装も装備も銃剣も、言葉遣いも当時そのままなのだから貴重な資料映像でもある。いかんせんあーた、1938年制作だぜ?戦争たけなわの1938年。再現度たるや桁違いだね。
 タバコの配給で“ゴールデンバット”を貰い、兵卒全員が「バットはうめぇよな〜」と和気あいあいと喫煙しまくる場面など、細かいが実にリアル!

 この時代、タバコは国の配給品だったし戦地の兵士達は喜んで吸ってたんだよ。昨今糾弾された『風立ちぬ』で駿ちゃんが描いたのはまさしくそんな1930年代の男だったりなんかしたわけ。喫煙場面が云々の批判はお門違いでしょうな。



つづきはこちら /PS/192/ シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 0 /Date/20190801/ 2019 08 Aug August 01 18 06 53 Thu Thursday 0 0 /Form/192/
1 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 2 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 3 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 4 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 5 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 6 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ 7 /Page/3/ 次のページ /Page/1/ 前のページ http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/ ◁ GELLGEDOSS vs DARUMARUDA ▷ ◀ 続・シネマ怪獣ゲルゲドス 対 変態超人ダルマルダ ☆ 情け無用の改修中 ❂ ▶ ✪ TOP頁の4枚の画像の内、まずはどれでもお好きな1枚をクリックして下さい。ズームエフェクト後に記事が表示され、サイトへの入場完了です。右サイド部分には目次(⤋このあたり⤋)が御座います。✪ 杏仁ブルマ トニー・アルゼンタ アラン・ドロン gelgedosdarmarda.anime-movie.net シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ gellgedossvsdarumaruda@yahoo.co.jp /css/ http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Page/2/ 8 left left 4 00010004 left 9 left left 4 00010005 杏仁ブルマ(joker) left

Produced by : 2019 darmarda co.,Ltd. All rights reserved.
10 left left 4 00010008 left
11 left left 11 00010014 サイト内検索 left
12 left left 9 00010015 QRコード left
13 left left 4 00010016 left E-mail

Un message est envoyé de forme.
14 left left 4 00010017 Lieu d'expérimenter left
http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Date/201910/1.html 1 2019 10 http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Date/201909/1.html 3 2019 09 http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Date/201908/1.html 4 2019 08 http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Date/201907/1.html 4 2019 07 http://gelgedosdarmarda.anime-movie.net/Date/201906/1.html 4 2019 06 0 /retour_a_la_page_d-accueil/ 48 TOP頁(一覧)に戻る 1 2 3 4 5 2019 11 /Date/201911/ 2019 10 2019 09 /Date/201909/ 6 8 9 10 11 12 2019 11 /Date/201911/ 2019 10 2019 09 /Date/201909/ 13 14 15 16 17 18 19 2019 11 /Date/201911/ 2019 10 2019 09 /Date/201909/ 20 21 22 23 24 25 26 2019 11 /Date/201911/ 2019 10 2019 09 /Date/201909/ 27 28 29 30 31 2019 11 /Date/201911/ 2019 10 2019 09 /Date/201909/ 1 tue 2 wed 3 thu 4 fri 5 sat 6 sun 7 mon 8 tue 9 wed 10 thu 11 fri 12 sat 13 sun 14 mon 15 tue 16 wed 17 thu 18 fri 19 sat 20 sun 21 mon 22 tue 23 wed 24 thu 25 fri 26 sat 27 sun 28 mon 29 tue 30 wed 31 thu 管理画面 /hoge/ _blank 新しい記事を書く /hoge/NewEntry/ _blank シネマ怪獣ゲルゲドス&変態超人ダルマルダ 非公開 /RSS/091/ RSS 0.91 /RSS/100/ RSS 1.0 /RSS/200/ RSS 2.0 1 /retour_a_la_page_d-accueil/formulaire_de_transmission Formulaire de transmission du courrier : メール送信用フォーム 2013 06 Jun June 17 18 41 20 Mon Monday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る 8 /retour_a_la_page_d-accueil/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%A6%E3%81%AE%E5%85%88%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%80%82 世界の果ての先からこんにちは。 2013 06 Jun June 24 00 00 00 Mon Monday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る 61 /retour_a_la_page_d-accueil/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%EF%BC%93%EF%BC%90%E6%97%A5 マイナス30日 2013 06 Jun June 28 03 14 41 Fri Friday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る 85 /retour_a_la_page_d-accueil/20140610 Z戦士よ永遠に 2013 08 Aug August 12 20 10 43 Mon Monday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る 87 /retour_a_la_page_d-accueil/c87predr20141230 c87predr20141230 2014 12 Dec December 30 05 19 37 Tue Tuesday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る 199 /retour_a_la_page_d-accueil/19990801 19990801 2019 10 Oct October 07 03 01 03 Mon Monday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 198 /retour_a_la_page_d-accueil/saigainokokoroe_10 ☢ 災害停電、及び断水時サバイバルの心得十ヶ条 永久保存版 2019 09 Sep September 30 02 35 53 Mon Monday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 197 /retour_a_la_page_d-accueil/christine_nousha 本日納車 ガレージDIY完了 2019 09 Sep September 28 02 14 43 Sat Saturday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 196 /retour_a_la_page_d-accueil/fuusoku_75m_chiba 9月はそんなわけです 2019 09 Sep September 20 23 58 25 Fri Friday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/ 195 /retour_a_la_page_d-accueil/20190831 20190831 2019 08 Aug August 31 14 30 07 Sat Saturday 0 0 TOP頁(一覧)に戻る /retour_a_la_page_d-accueil/